矯正歯科とは?


歯並びを治療することで虫歯や歯周病から歯を守り、口元をきれいに見せるだけでなく、バランスよく物をしっかりとかめるように改善するために装置で歯を動かす治療です。

矯正治療の流れ・・・


1 初診相談 お顔のバランスやお口の状態をチェックし、治療方法を決定するために必要な資料として、歯型模型、お顔や顎、口の中のレントゲン写真などをとります。大まかな治療方針、期間、費用などもご説明いたします。かみ合わせや歯並びなどご遠慮なくご相談ください。
2 診断結果の
説明・提案
上記の資料を基に、患者さんの将来像を予測した上で、診断結果および治療方針の提案を行います。そのうえで患者さんのご意向も伺い、同意を頂いた後、治療方針を決定いたします。
3 治開療始
STAGE 1
歯のでこぼこやねじれを治していきます。主にワイヤーやゴム交換、歯の動きのチェックを行います。
大体1ヶ月に1回の割合でご来院
4 STAGE 2 歯の間にできている隙間を閉じていきます。主にワイヤーやゴム交換、歯の動きのチェックを行います。
大体1ヶ月に1回の割合でご来院
5 STAGE 3 嚙みあわせなど細かな部分の調整を行います。
大体1ヶ月に1回の割合でご来院
6 装置除去
保定装置装着
装置除去および保定装置の型取り、術後の模型作成、レントゲン撮影など

 

  • 矯正終了後、保定装置装着後最初の一年は1~3ヶ月ごとにご来院その後のメンテナンスはおよそ年2回
  • 治療期間は約2年としておりますが患者様のお顔のバランスや歯並びの難易度によって変ってきます。

 

主な
矯正可能
症例

上顎前突
じょうがくぜんれつ

叢生
そうせい

空隙歯列
くうげきしれつ

過蓋咬合
かがいこうごう

よくある質問Q&A


Q:初はいつから治療を開始すればよろしいですか?

A:口の中の状態は個人個人違うため開始時期は異なります。だいたい上下の前歯が生え変わり、将来の歯並びがある程度予測できる年代にはじめると良いです。ただ、受け口など骨格に問題がある場合などは早めに治療をおすすめする場合もあります。


Q:どの程度の間隔で通院されるのですか?

A:口の中に装置が入った後、通常3~4週間に1回程度の通院となります。定期的にご来院いただくことは、早く治ることにもつながります。決められた通院日には忘れず来院しましょう。


Q:歯が動く際の痛みはどの程度ですか?

A:矯正治療の初期の段階では、ワイヤーを歯としっかりと結紮(けっさつ)して少しずつ歯を動かしていきます。このとき、理想的な歯列から外れている歯には強い力がかかるため痛みを強く感じることがあります。ほとんどの場合、装置をつけた直後や通院後の数日間に起こることがありますが、これは歯が動く際の正常な反応です。その後は普通に過ごせるようになり、治療が進むにつれて痛みの程度は少なくなりますのでご安心ください。