床矯正装置について


子供の矯正治療には入れ歯のように取り外しをする矯正装置があります。
通常歯の表面に装置を付けることにより歯磨きがうまくできず虫歯になることを避けるというのが利点です。欠点はこの装置はある程度の年齢以上になると使用できません。
また装置はあくまでも歯並びをよくするのが目的ではなく永久歯が生えてくる際の歯のスペースを確保できるようにするのが目的です。
乳歯の段階ですでに歯並びが乱れている場合、永久歯に生え変わっても歯並びは悪いままです。骨の柔らかい時期に顎を広げることで永久歯の生えるスペースを確保できるので将来抜歯をしなくても矯正できる可能が出てきます。
永久歯が生えてそろってしまうとスペースがないために抜歯をしてスペースを作って歯を並べていきます。
床の装置であごを広げるので隙間を作るのが可能ですが使用時間が短いと歯が動かないので効果がありません。
 利 点


  • 歯を抜くことがない
  • 痛みがあまりない
  • 取り外しができて歯を磨きやすい
 欠 点


  • 期間が長いこともある。
  • 本人、家族の協力が得られないと効果がない。
  • 歯並びがきれいに並ばないこともありワイヤーを使用した本格的な治療が必要なこともある。
  • プラスチック製なので落としたりムリにはめようとすると割れたりすることがある
brace paeds1brace paeds2

 

 

 

 

前歯が内側にあるので写真の装置を使用して歯を動かしていきます。
原理は真ん中にあるねじを回していくことで歯が押されて外側に動いていくしくみになっています。
お子様の歯並びやかみ合わせがおかしいと感じたら早めに相談へお越しください。それぞれの時期に合わせた治療方法を提案させていただきます。